· 

誤解やザワザワ感を相手に与えずして短時間でも伝えられる言い方

 

《相手にこちらの意図を効果的に伝える伝え方》

 

 

日本語を英語に訳す時

 

一番困るのは主語がない文章が多いのです。

 

 

英語の場合、必ずと言ってイイほど

 

主語を文書に入れます。

 

 

ですから、日本語を英語に訳す時、

 

自分で主語を判断してそこに追加して英文を作ります。

 

 

そこの部分からして、外国人にとって、

 

日本語はvague(あいまいな)であり、とても難しい言語とされています。

 

 

 

主語があいまいだったりすると、

 

意図は受け手の解釈によって

 

伝わり方が変わってきます。

 

 

 

「この解釈で良かったのか?」

 

と受け手も自信をもって受け止められず、

 

伝えた方もきちんと伝わっているかわからないし、

 

伝えた方も受け手もお互いソワソワ。
 

 

 

あいまいな日本のコミュニケーションのあるあるですね。


相手に意図をうまく伝える方法

 

 

 

こうした日本のあいまいなコミュニケーションの問題は、

 

英語のコミュニケーションのように、

 

主語や目的を明確にしたりして、

 

相手にこちらの意図をきちんと伝えることで、

 

誤解やザワザワ感を相手に与えずにすみます。

 

 

 

 

 

ちょっと癒しの

 

ブレイクタイムです♫

 

こちらは「Eat & Flower」講座にて

 

私が生けた花です!

 

センスのない私が......ここまでできました 笑

 

講師のおかげです♡

 

 

 

《「あなた」を主語にする伝え方》

 

 

「そんな方針を持っているの?!」

 

「頑張っている?!」

 

これらの文章は全て「あなた」を主語にしています。

 

 

 

上のような文章を聞くとどんな気持ちになりますか?

 

 

 

どんな環境は状況によって言われたかによって

 

違うでしょうけど、あまり良い気持ちではないかもしれません。

 

 

 

人によっては責められていると感じる人もいるかもしれません。

 

 

 

「あなたは」を主語にする時は

 

ありのままの状態を伝えた方が相手は受け取りやすいです。

 

 

 

「あなたの方針は〇〇と▽▽の二つなのね。」

 

「あなたは〇〇のところまで覚えてきたね。」

 

と上の文章を書き換えると、、、

 

 

 

どうでしょう?

 

 

 

伝わるニュアンスが多少違うでしょう!

 

より受け取りやすいのではないですか?

 

 

 

もしかすると、前者の2つの文を言った人も

 

相手を責めるつもりで言っていないかもしれません。

 

 

 

でも相手が誤解をして受け取る可能性はあります。

 

 

特に忙しい時、あまり顔を合わせずに、話される時は

 

誤解が生じやすいですね。

 

 

 

 

 

《「私」を主語にする伝え方》

 

 

「私はそれを参考にしたいと思いました」

 

「安心と同時に頑張らなくてはと感じました!」

 

 

こちらは「私」を主語にした言い方で

 

どれも「私」の責任のもとでお話をしています。

 

 

 

つまり、自分の中で起こった感情や感覚を言い表しています。

 

 

 

自分の中で起きていることなので、

 

誤解されることは少ないでしょう。

 

 

 

これに「あなた」を主語にする言い方を加えますと、

 

 

「あなたの方針を聞いて、私はそれを参考にしたいと思いました。」

 

「あなたのここまで覚えたことを聞いて、安心と同時に頑張らなくてはと感じました。」

 

 

より伝わりやすくなりますよね〜。

 

 

 

2つ目の文章は「(私)が安心して(私)が頑張らなくては...」または

 

「(私)が安心して(あなた)が頑張らなくては...」との受け取り方がありますね。

 

 

これもクリアにするとより誤解がないでしょう。

 

 

 

 

「私は」の言い方を肯定的に使うとよりインパクトがあります!

 

 

「あなたの存在が私を励まします!」

 

「私は感動しました!ありがとう!!」

 

 

 

 

 

もうすでに私たちはこのような主語を使い分けていますね。

 

ただし、うまくいく時とうまく伝わらない時が

 

あったのではないでしょうか?

 

 

ちょっとしたコツを知ってコントロールできると

 

ほとんど、うまくいく伝え方になりますね。

 

 

 

主語を意識して言い方を使い分けると

 

一段上のコミュニケーションになりますね。

 

 

 

このような言い方は忙しい時にこそ意識すると

 

トラブルが生じにくくなりますね。家庭でも仕事場でも!!

 

 

 


 

9月16日(日)と9月22日(土)は体験セミナーを行います。

「短時間でしたがとてもふかい体験ができました。心が震えました」

との感想を頂いています。

 

「世界に通用する才能を引き出す Micchie流コミュニケーション術」体験セミナー 

 


 

9月9日(満席)と10日(残席3名)は片山あこちゃんとのコラボセッションをやります!

あこちゃんとのコラボは3回目で、どんどんコラボ企画が進化しています♡

 

ハートがズシンと体感セッション〜覚醒したその先へ〜

 

 


 

9月8日は札幌の  楽読大通スクールでイベントをやります!!

「楽読英会話」のハルによる「楽読英会話」ミニ体験レッスンもあります♡

 

「あなたの英語がお志事になるお話会」